管理栄養士のつぶやき・・|健康|広島県廿日市市|放課後等デイサービスつなぐ

こんにちは☆
放課後等デイサービスつなぐです。

今年は梅雨入りが早く、じめじめした日が続いてますね。
この季節は、湿気が空気中に停滞するように人の身体にも湿気が停滞します。

『どういうこと?』と思われた方は、スポンジをイメージしてください。
スポンジは、水をたくさん吸うと重く、冷たくなりますよね。
これが、体内に湿気が停滞している状態です。

この時期、頭や身体が重だるい・お腹を下しやすくなる・むくみなど、水分の代謝がうまくいかずに起こる不調が多いのは、体内の湿気が原因です。
また、この湿気は、消化器系の働きを邪魔します。

☆ 体内に溜まっている湿気を出すために ☆
1:利尿効果のある食材を多く食べる。
2:身体を温めて、発汗を促す。

* 利尿効果のある食材 *
小豆、さやえんどう、スナックえんどなどの豆類・茄子、冬瓜、胡瓜などの野菜類・
大麦、トウモロコシなどの穀類

* 体を温める食材 *
ネギ、生姜(一緒に食べたら効果倍増です。)など

☆ この時期に気を付けること ☆
1:冷たい物や甘い物を食べ過ぎないようにする。
   (甘い物は『たくさん食べすぎると』内臓に負担をかけます。)
2:湯船につかり、身体を温める。

むくみ解消効果倍増の食べ合わせ

 〇アーモンド+バナナ
   バナナに含まれるカリウムが余分な成分の排泄を助け、むくみ改善に効果があります。
   また、アーモンドに含まれるビタミンEは血流を良くするため、一緒に取るとむくみ解消の
   効果が期待できます。
   ヨーグルトに混ぜて食べてもよさそうですね。

 今後は、デイでのおやつや食事にも栄養バランスの良いものを取り入れていこうと思ってます。

                筆者:管理栄養士で薬膳アドバイザーの職員
    

Follow me!